大地の恵みグルー 生産者の声

gruに野菜を届けてくれる生産者の皆さんです!

千葉県の北総ベジタブルさん

私たちの栽培のこだわりである、すべては「おいしく、安全・安心な野菜を皆様に届けるために」を胸に抱き、日々の栽培に力を入れております。私たちは、野菜が皆様の食卓に届き、皆様の活力になるまでが栽培だと考えております。
私たちの目指すところはただひとつ。皆様の活力の源になりたいという気持ちで栽培しております。

皆様の活力の源の言葉通り、安心・安全な野菜は温かいです。

山形県の山本さん(青大豆の豆乳)

枝豆を生産している日本各地に足を運び、納得できる最高級の枝豆「秘伝豆」に山形県でめぐり逢えました。東北の枝豆「秘伝豆」は最高級の品質です。収穫時期が遅く、栽培の難しい大変手間のかかる枝豆ですが、肥沃な大地と清らかな水と空気・太陽の恵みを受けて育った豆は、コク、甘み共に一級品です。その中でも葉が枯れてから収穫される完熟した枝豆のみを使用しています。
枝豆「秘伝豆」には様々な特徴ある成分が含まれておりますが、まずは美味しい事が最優先と考え、一生懸命に作っております。

あの有名な「いっ久どーなつ」で使用している豆乳です。
秘伝豆の豆乳は緑色をしていて、飲んだ方は皆さん声をそろえて「濃い〜っ」とおっしゃいます。とても美味しい豆乳です。

薬菜園の西村さん(有機野菜)

太陽のエネルギーをたくさん吸収した雑草を肥料として利用する「草農法」による有機野菜作りにこだわり、「人と仲良く、自然と仲良く」を標語に栄養化の高い野菜作りをしています。
食事の時に「いただきます」という言葉が示すように、食べ物を通じて私たちは自然を感じ、感謝や畏敬の念を培ってきました。
食べ物は自然と人とをつなぎ、それと同様に農業にも「食べ物を作る」だけではなく「人と自然をつなく」という役割もあるという事を認識することが大事と西村さん。

薬菜園の有機野菜は予防医療や代替医療などの場でも多いに役立つほどランクの高い野菜です。

茨城県那珂市の和知さん(自然農法野菜)

無農薬、無肥料で、草と一緒(自然農法)に多品目の野菜を栽培しています。
肥料は発酵させた米ヌカがメインで、その他、1年〜2年かけて堆肥化した落ち葉や牛糞、鶏糞を使っています。野菜の病気予防という目的で、病気にならないような環境や苗づくりを行っています。
栽培している野菜は、減少傾向にある国内外の在来種(伝統野菜)に力を入れています。

奥様やお子さんも一緒に楽しく畑仕事をされています。
和知さんの野菜は昔ながらの野菜の味、大地の味がします。

山梨県の手塚さん(桃・トマト)

環境にやさしい農業を目指し、低農薬での桃の生産を行うとともに、除草剤を使用しない草生栽培を行っております。

手塚さんの桃はお客様が感動してリピートするほど美味しいです。
トマトの味も絶品。来年のトマトの予約も入っています。

高知県の白木さん(フルーツ・土付き生姜)

フルーツ農家の白木さんの作るフルーツは当店でも大人気!
ご贈答などにもご利用いただいております。

土付きの『大生姜(おおしょうが)』は、近隣の方からの支持も多く、毎日少しずつお買い求めになる方も多いです。
爽やかな香りで、どんなお料理も引き立てると評判です。

千葉県の飯田さん(さつま芋・とろろ芋)

自分たちの思いが形になる農業が有機農業だとつくづく思います。
正直につくられた野菜は、正直な野菜になります。
私たちの農業人生の味を、農産物の味に込めて皆様にお届けします。

飯田さんの「有機坂出きんときさつま芋」は、ほくほくして昔食べたお芋の味。「有機長芋」は安心して皮ごと食べられるので栄養もたくさん摂れ、あっさりとした味なのでリピーターも多い商品です。

千葉県の飯田さん(ごぼう)

有機栽培でごぼう、レタス、里芋、南瓜などを育てています。
土、水、肥料にこだわり、お客様に美味しい野菜をお届したいという思いを込めて大切に作っています。
地中深くまで耕作し、丁寧に土づくりをし、化学肥料や除草剤は一切使用しない有機栽培なので手間はかかりますが、香り豊かで柔らかい野菜が育っています。

飯田さんのごぼうは、香りが豊かで本当に美味しいごぼうです。

北海道のコロポックルの里(ミニトマト)

こちらの生産者さんからはミニトマトを送っていただいています。
有機肥料栽培で生産し、近年注目されているリコピンが通常のトマトよりも約2倍も多く含まれています。

小粒でかわいいトマトは酸味も甘味もバランスが良く、身体にとても良いミニトマトです。

神奈川県の富田さん(パプリカ・ミニト マト)

最先端の農業技術で栽培したパプリカとトマトを供給していただいています。

国産のパプリカは味も見た目も良く、トマトと並んでお客様がいつも入荷を待っていらっしゃいます。

新潟県の齋藤さん(椎茸・キクラゲ)

当園は、昭和45年に亡き親父が色々な生産物を作っておりましたが、中でも一番良かった「排出物を出さない循環型の椎茸」にたどりつき注目。
家族3人で、山梨県の秋山種菌研究所さんを訪れアドバイスを受けてから、40年目に入りました。
12月上旬に、長野県の原木取り扱い業者さんから毎年5000本購入し、翌年の1月〜3月下旬にかけて種菌を購入して原木に穴を開け、植菌し封ローで蓋をしてほだよせを行い、桜の花が散る頃に蒔き積みに展開、散水しながら天地返しを2〜3回行い、9月中旬から浸水し発生させ新年度の椎茸が店頭に並びます。

齋藤さんの椎茸は肉厚・味も濃く、香りの良い椎茸です。
キクラゲも乾燥したものだけではなく生のキクラゲがあり、当店で人気の商品です。

香川県の創樹さん(オリーブオイル・オリーブの実)

瀬戸内海に面した温暖な香川県、豊かな自然があふれ、お遍路さんが行き交う国分寺で私たちはオリーブと共に生きています。
1928年頃、先々代がはじめた松の盆栽園。それがすべてのはじまり。
1本の木のあふれる生命力。その自然そのままに感じられる情景を盆栽を通じて、描き続けてきました。
そして今、何百年もの月日を越えヨーロッパにある老木の佇まいを暮らしの中に映し出したくて育てているのがオリーブです。平和と知恵を意味し、花と実をつけ、さらには美と健康をもたらすオリーブは自然の楽しみ方を教えてくれます。
私たちは苗から成木、実、そして加工品までオリーブの可能性をこれからも探り続けます。そして、国産にこだわり、自分たちの手で創り出す「ものづくり」にこだわっていきたいと考えています。

店内で提供しているカフェメニューで使用しているので、お客様はオリーブオイルのフレッシュな味に驚きます!
オリーブオイルに対するイメージが変わります!

新潟の野沢食品工業(醤油・味噌)

醤油は一般的には「脱脂加工大豆」を使ってます。
長年、全量を手作りで、しかも木桶で熟成して丁寧に作っておりましたが、さらに「色、香り、味」を追求する姿勢は変わらずに持ち続けました。
そして、新しい麹菌の採用や、原材料の吟味を続けた結果、「脱脂加工大豆」を捨てて、全量「丸大豆」を原料とすることに改めました。
当店ではかたくなに、全量木桶で仕込む、昔ながらの製造方法を守っています。

当店で提供しているカフェメニューで「たまごかけご飯」があります。
たまごかけご飯用のお醤油は人気で食した方は購入して帰る率が高いです!
お刺身醤油もきれいな色で味も絶品です。

  • gruオリジナルメニュー
  • gruオリジナル 栗駒高原ヨーグルト
  • gruオリジナル 栗駒高原牛乳
  • gruオリジナル たまご
gruネットショップ準備中!